FC2ブログ
topimage

2018-07

巣立ちあと - 2018.07.29 Sun

ツバメの話。

コテージやまみえにツバメが初めて営巣してくれた。
抱卵から孵化、給餌等じっと観察していたが、タイミング悪く7月中旬から旅行で留守にしていた。
旅行中も見守りカメラで一応チェックはしていた。
(7月15日)
0-715.jpg
(7月16日)
0-716.jpg
(7月17日)
0-717.jpg
(7月18日)
0-718.jpg
(7月23日)巣の縁にとまっているが、もう7羽もいない様子
0-723.jpg
(7月24日)もう1羽だけしかいない?
0-724.jpg

だんだんと大きくなる雛に目を見張り、あんな小さな巣に7匹もの若鳥が入り切れるのかと心配していた。
ひょっとしたら何羽かが巣から落ちていやしないかなんて。
見守りカメラもあるときからツバメの姿が全くいなくなってしまい、さてどうなっているかと久々にコテージやまみえにやってきた。

当然ながら巣はもぬけの殻。
0-P_20180729_180705_vHDR_Auto.jpg

巣の下には雛たちが落としたと思われる大量の糞。
(これがツバメの営巣が嫌われる大きな原因なのだが仕方がない。)
0-P_20180729_180750_vHDR_Auto.jpg

巣の左隣の巣箱に藁が敷かれているようで、ひょっとしたら大きくなった雛のために仮設の巣を作ったのかもしれない。(全くの想像)
それにしてもツバメの巣立ちはあっという間だ。
7月1日に孵化したあと1か月もたたないうちに、今はきっと大空を飛び回っているのだろうから。

夕方ツバメの声がするのでそちらを見てみるとツバメの軍団がコテージ前の電線にとまっていた。
0-P_20180729_175653_vHDR_Auto.jpg

ツバメは秋の渡りの前には集団で生活するという。
そのうちの何羽かはきっとコテージやまみえの巣で育った若ツバメに違いない。
大きく成長した我が子を見るような、そんな気持ちになってしまった。
来年こそはしっかりと巣立ちを見届けようと思う。


スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hide

Author:hide
2011年3月、家族3人で山梨県の小淵沢町に移住しました。人生いろいろです。

facebook

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
生活 (273)
子育て (148)
野菜作り (213)
やまのみえるいえ (76)
旅行 (238)
生き物 (121)
家作り (1)
地域の紹介 (32)
ゴルフ (167)
食事処(やまのみえるいえ周辺) (8)
その他 (14)

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

FC2カウンター