FC2ブログ
topimage

2017-02

ニクの恐怖 - 2017.02.21 Tue

焼肉食べ放題に行くと、自分の胃袋の限界を超えて食べ過ぎてしまう。
そのあとはしばらく気持ちが悪くなり、もう肉など食べたくない、肉怖い、なんてことになる。
これが肉の恐怖である。笑

今回はもう一つのニクの恐怖のお話。

私が6年前から住む小淵沢(山梨県北杜市)は寒冷地で、冬はとても寒い。
朝の最低気温が-5度以下になるのは珍しくなく、一冬に何回かは-10度なんてこともある。
ただ、晴天率は高くからっとした気候で、雪はそんなに頻繁に降るわけではない。
20cm以上の積雪は冬にもよるがだいたい一冬で3~4回といったところだろうか。
車の運転はそんなに危険というわけでもないが、雪が降ったあとは凍結して危ないことがあるので、地域のほとんどの車は四駆(四輪駆動)でスタッドレスタイヤを装着している。
実は私の車は二駆(二輪駆動)なのだ。
購入した当時、寒冷地に住むことなど全く念頭になかったから当たり前の話だが二駆なのである。
だから雪が降ったりするとあまり車で外出しないようにしている。
しかし、3年前くらいだったか、ちょっと雪が降ったときに車で外出して自宅に戻ってきたときに、自宅前の坂道(せいぜい5~6m)を登れなくなり難儀したことがある。
1-IMG_20170221_092758.jpg

そのときに、早く四駆に変え換えなければと思ったのだが、ずるずると現在に至ってしまった。
そんな私だがようやく重い腰をあげて四駆の車に買い換えることにした。
新しい車を購入して納車は来週末の予定なので、今日は現在の車を売却すべく甲府の中古車買取業者を訪問することになっていた。
今朝起きてみると雪が降っていたが、せいぜい2~3cmの積雪なので、これくらいならば大丈夫と高をくくって、いざ出発。
買取業者の店までは一般道で約40分。
車で走り始めてすぐに異変に気が付いた。
ちょっとした坂道(下り坂)でブレーキを踏んでもすぐに止まらずに数メートル進んでしまう。
そう、道路が凍結しているのだ。
この先の一般道は谷を越えていくのでけっこう険しく、こんな具合では危険である。
それで高速道路で行こうと考えたのだが、高速道路のICまでは勾配が急な坂道を通らなければならない。
果たしてこの車であの坂道を登り切れるか不安ではあったが、一般道で行くのも危険だし、チャレンジするしかないと坂道を登り始めた。
ギアをローにしてそろそろと登り始めたところ何とか大丈夫。
恐怖を感じながらそろそろと進んでいくと坂道の中腹で車がハザードを点滅して停車していた。
あれっと思いつつ車を停めたが、前の車は動こうとしない。
そう、スリップするので立ち往生していたのだ。
私が車を発進させようとアクセルを踏んでももう駄目、滑って滑って全然前に進みそうもない。
やばい、私の車も立ち往生してしまったのだ。
どうしていいのか皆目見当がつかない。
やはりこんな日は二駆の車などで走行してはいけなかったと思ったが、もう後の祭り。

そんなとき一人のおっさんが前の車に何やら指示して前の車は無事に発進して坂を登って行った。
するとそのおっさんは今度は私のところにやってきていろいろと指示してくれる。
おっさんの指示に従ってバックしたり前進したりして歩道ぎりぎりのわきまで移動。
おっさんの話ではそこは凍結していないので片方のタイヤでそこを踏めば何とか発進できるだろうという。
指示に従ってアクセルを踏むとそろそろと車は動き始めた。
よし、このまま行けば坂道を登り切れそうだと思ったら、前方の信号が赤で車が停まっている。
また停まったらやばいと思い、赤信号を無視して走り続けて前方の車を追越して左折し、空き地に車を退避させることに成功した。
ほっと一安心である。
もちろん買取業者訪問はキャンセルし、とりあえず車をそこに置いて歩いて自宅に帰ってきた。

いやぁ、本当に凍結した道路、特に坂道を運転するのは怖い。
もう二度とこんな恐怖は味わいたくないものである。

そんなわけで長い話になったが、ニク(二駆)の恐怖の話でした。


スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hide

Author:hide
2011年3月、家族3人で山梨県の小淵沢町に移住しました。人生いろいろです。

facebook

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
生活 (271)
子育て (148)
野菜作り (209)
やまのみえるいえ (75)
旅行 (238)
生き物 (104)
家作り (1)
地域の紹介 (32)
ゴルフ (162)
食事処(やまのみえるいえ周辺) (8)
その他 (14)

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

FC2カウンター