FC2ブログ
topimage

2013-05

八ヶ岳弁当 - 2013.05.31 Fri

今日は息子(3年生)が通う小淵沢小学校の恒例行事、全校登山の日だった。
登る山は八ヶ岳の中の編笠山。
ただ、山頂(標高2524m)まで登るのは4年生以上で、3年生は途中の押出川(標高2100m)まで。
この登山、もちろん生徒達が登るのだが、父兄も協力者という位置づけで一緒に登ることができる。
子供達を元気づけたり、怪我をしたときに助けたりする役回りだが、子供達と一緒に山登りを楽しめるわけで、私は今年で3年連続の参加である。

いつもは弁当を作ってくれる妻が今回はあいにく、交代休暇の最中。
やむなく私が弁当を作ることになった。
私の世代はまだ男が料理を作るのは珍しい世代で、料理好きの同世代の友人はほとんどいない。
私も料理はやむをえずやるくらいのもので、人のために弁当を作るのは2年ぶりで生涯2度目である。

前回のように顔を模した弁当でも作ろうかと思ったが、学校からの指示でおにぎり中心の弁当にしてくれとのこと。
よし、今回は八ヶ岳を模した弁当「八ヶ岳弁当」と作ることにした。
名前はすごいが、単におにぎりを3個作ってそれを山のように並べるだけである。
朝5時半から作り始めて何とか完成。
2-P1020013.jpg

しかし、朝食時に弁当の余りの玉子焼きを息子が食べたところ、息子が滅茶苦茶塩辛いと言う。
私も食べてみたがすごい塩辛さで、体を悪くしそうな強烈さ。
そう、砂糖と塩を間違えるという古典的な過ちを犯していたのである。
作り直して本当に完成。まあ男の料理なんてこんなもんです。

さて、山登り。
9時半から登り始めて12時前には目的地、押出川に到着。楽しいお弁当の時間だ。
他の子供達の弁当はさすが本職のお母さんが作っただけにきれいにできている。
息子は私の作ったちょっと不細工な弁当を黙々と食べており、まあそんなに不味いわけでもないらしい。
ところが息子が唐突に言った。「お父さん、おにぎりに何も入ってないよ。」
そう、おにぎりの中に梅干しなどのネタを入れるのをすっかり忘れていたのだ。
まあ、男の料理なんてこんなもんです。(再度)

弁当はともかく、梅雨入り直後だというのに素晴らしい天気に恵まれ、とてもとても気持ちのよい山登りだった。
2-P1020072.jpg


スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hide

Author:hide
2011年3月、家族3人で山梨県の小淵沢町に移住しました。人生いろいろです。

facebook

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
生活 (271)
子育て (148)
野菜作り (209)
やまのみえるいえ (75)
旅行 (238)
生き物 (104)
家作り (1)
地域の紹介 (32)
ゴルフ (162)
食事処(やまのみえるいえ周辺) (8)
その他 (14)

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

FC2カウンター