FC2ブログ
topimage

2020-06

再開 - 2020.06.01 Mon

はやいもので今日から6月。
息子の学校も再開した。
先週1回だけ登校したが、簡単なテストだけしたようで、授業は3月初め以来ということになる。
しばらくはクラスを2班に分けて1日おきの登校になる。
これは先週の登校前の写真、冬服を使用する前に夏服になってしまったのが少々悲しい。笑
1-P_20200527_071333_vHDR_On.jpg

私も今日からスポーツクラブのレッスンが再開した。
肩凝り対策で会社員のときから20年以上エアロビクスのクラスに週に2~4回は参加している。
エアロビクスは上半身、下半身をバランスよく動かすので非常に体によい。
私にとってようやく日常が戻ってきたという感じである。
私が通うスポーツクラブは年配の女性が大半で普段はいやになるほどうるさい(彼女らはおしゃべりのために通っている)のだが、感染を恐れてかガラ空きなのがありがたい。
こんな状態が続くならばコロナ様様である。

ツバメの雛はようやく2羽同時に姿(くちばし)を見せた。
もう1羽いるように思うが、さて。
1-IMG_20200601_180413.jpg

スポンサーサイト



代わりの畑 - 2020.04.19 Sun

このご時世、当たり前だがゴルフコンペは軒並み中止や延期。
仕方がないことだがゴルフ好きにはつらい春である。

今日も大学の同級生のコンペが木更津のゴルフ場で開催される予定だった。
参加者が少なくなり(当たり前だ!)単なる親善ゴルフとなったが、私は数日前までは参加予定だった。
いつもは電車で東京に出て前泊するが、人との接触を極力減らして当日、車で直接ゴルフ場に行けばいいと思っていた。
そのゴルフ場はアメリカンスタイルでバッグの積み下ろしも自分で行うし、プレーもスルーなのでほとんど人と接触することがない。
これならいいだろうと思っていた。

しかし、16日に緊急事態宣言が全国に拡大され、さすがの私もわざわざ4時間運転して木更津にゴルフに行くのが馬鹿らしくなり結局キャンセルした。
そんなの当たり前だろうと世間から突っ込まれそうだが、それなりの決断ではあった。

その代わり、昨晩は休業中のコテージやまみえに家族で宿泊し、今日は畑仕事。
雨の翌日なのできらきらの青空。
1-P_20200419_102402_vHDR_On.jpg

開花の遅い富士桜(別名、豆桜)もほぼ満開となっていた。
1-P_20200419_111841_vHDR_On.jpg


ウイルスの功罪 - 2020.04.18 Sat

新型ウイルス騒動で世界は一変してしまった。
私も私の家族も少なからぬ影響を受けており、ウイルスを恨めしく思うこともある。
ただ、今回の騒動のおかげで自分の認識が大きく変わったものがある。
それは韓国という国に対する私の見方である。

今までは漠然と韓国に対する負のイメージがあった。
歴代大統領がその後は世論に押されて逮捕されてしまうのは日本人からすると不可思議だし、とにかく感情の起伏の激しい国民性というイメージが強かった。
これまでにソウル、プサンに合計10回は遊びに行っているくらいだから別に韓国嫌いというわけではないが、やはり韓国は日本よりも遅れた国、文化的に劣った国というイメージがあった。

しかし、最近になって韓国ってすごいと思うようになったのだ。
一つ目はウイルス騒動に直接関係するが、韓国のウイルス感染防止に対する迅速、効率的な対応だ。
昨日テレビのニュースで見たが、韓国では既に人々が普通に居酒屋で飲食しているのだ。
えっと驚く衝撃の映像だった。
もちろん今後また感染が広がるのかもしれないが、韓国のウイルス対応は日本よりもずっと秀でていたと思う。

そして二つ目は韓国映画の面白さ。
ウイルス騒動のおかげで自宅で家族と映画を観る機会が増えた。
別に映画好きってわけではないが、時間があるのでついついAmazonのprime videoを観てしまう。
日本映画、ハリウッド映画、ヨーロッパ映画等ジャンルを問わず家族が順番に作品を選ぶのだが、その中で私はポン・ジュノ監督の「殺人の追憶」という映画を選んだ。(2003年公開)
tuioku.jpg
例のパラサイトはまだ観ていないが、彼が以前にどのような作品を撮ったのか興味があったのだ。
長い人生で初めての韓国映画鑑賞だったが、大きな意外感、衝撃を受けた。
映像美、描写の生々しさ、役者の躍動感等日本映画より上かもって感じたくらいである。
欧米の映画は舞台、俳優があまりにかけ離れているのでおとぎ話のように感じてしまう(つまり現実感がない)のに対し、韓国映画は見た目は日本人と変わらぬ俳優たちだし文化も近いのでとても身近に感じられる。
文化は似ているが実は違うっていうのがまた面白かったりする。

「殺人の追憶」の次に観た映画が同じくポン・ジュノ監督の「グエムル-漢江の怪物-」だ。(2006年公開)
guemuru.jpg

予告編ではこの映画は怪獣映画のようだったので、ゴジラ映画ファンの私としては韓国ではどんな怪獣映画を作っているのかと少々興味があった。
観始めてびっくり、シン・ゴジラとは全然切り口が違う。
シン・ゴジラは怪獣映画で主役はゴジラだが、グエムルは怪獣映画というより家族愛映画で主役は家族(人間)である。
主役のソン・ガンホという俳優、殺人の追憶にもパラサイトにも出演しているが、なかなか味のある俳優だ。(日本で探すと若い頃の西田敏行をさらにパワーアップした感じか。笑)
両方観た私としては軍配を挙げるとしたらグエムルである。
突拍子もない設定の映画ではあるがリアルさがあるし息もつかせぬ展開で一気に観てしまう映画だった。
怪獣映画をこういう切り口で仕上げてしまうポン・ジュノ監督はたいした才能だと思う。
ポン・ジュノ監督の作品はたった2作観ただけだが、シリアスな内容の中にユーモア(笑い)が織り交ぜられているのが特徴のようである。

そんなわけで今回のコロナ騒動のおかでげ私の韓国観はよい方向に大きく変わったのである。
しばらくは韓国映画にはまりそうである。
皆さんも騙されたと思って、まずはグエムル観てください。(prime videoなら無料で観られます。)


紅花サンザシ - 2020.04.17 Fri

ウイルス感染の心配なく楽しめる趣味の一つが花や樹木の栽培だ。
最近は花苗の売れ行きがよいとの噂を聞いたこともある。

私は野菜作りは趣味でそれなりの知識はあるが、花や樹木の栽培はほとんど素人。
それでも畑の一角に少しずつ花や樹木を植えている。
樹木にかぎっていうと、これまで植えたのは、コニファー、夏椿、アオダモ、ドウダンツツジ、富士桜、啓翁桜、アヴェリア、ライラック、梅、ヤマボウシ、サルスベリ、ハナミズキ、コブシ、リンゴといったところ。
脈絡もなくずいぶんいろいろな樹木を植えたものである。
とんかつ定食よりもミックスフライ定食が好きな自分の性格が表れてしまっている。笑

さて今日は紅花サンザシという樹木を植えた。
2~3年前に植えたヤマボウシがどういうわけか枯れてしまったので、そのあとに植えることにした。
穴掘りはバイトの息子の仕事。
0-P_20200417_120613_vHDR_On.jpg

5月に花が咲くのでヨーロッパではメイフラワーと呼ばれているそうだ。
(↓こんな感じで咲くらしい)
0-sanzasi.png

今から植えても今年の開花は無理だろうから来年の5月を楽しみにしよう。
0-P_20200417_121508_vHDR_On.jpg

 - 2020.04.08 Wed

私の習慣であるスポーツクラブ通いもコロナ君のおかげでできなくなってしまった。

そうなると気分転換は畑作業とゴルフ練習しかない。
というかそれだけあれば十分か。笑

最近ゴルフ練習はほとんどが長坂ゴルフ練習場だったが、今日は久しぶりに北の杜カントリー倶楽部の練習場に行くことにした。
途中に2か所の花見スポットに寄るのが目的である。

まずは東グラウンド。
ここは息子が少年野球をしていた頃(小学生)によく使っていたグラウンドで、南アルプスを背にした美しい桜風景なのだ。
隠れた桜スポットといえよう。
ほぼ満開状態だが、午後の日差しなので桜や南アルプスがあまり映えないのが残念。(桜や南アルプスは西側に位置している)
散る前に午前中にまた来てみよう。
1-IMG_4613.jpg

以前撮った写真。
(↓2013年)
1-P1070909.jpg
1-P1070910.jpg

(↓2014年)
1-P1010270.jpg

次は北の杜カントリー倶楽部のすぐ近くの桜並木だ。
こちらも満開。
例年はもっと見物客でにぎわっているが、今日はちらほら。
1-IMG_4624.jpg

北の杜カントリー倶楽部の練習場は山々に向かって打つ。
長坂ゴルフ練習場よりも爽快感があって気持ちがよい。
今日は気温が上昇し半そででOK。
春爛漫って感じだ。
1-IMG_4631.jpg


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hide

Author:hide
2011年3月、家族3人で山梨県の小淵沢町に移住しました。人生いろいろです。

facebook

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
生活 (271)
子育て (148)
野菜作り (209)
やまのみえるいえ (75)
旅行 (238)
生き物 (104)
家作り (1)
地域の紹介 (32)
ゴルフ (162)
食事処(やまのみえるいえ周辺) (8)
その他 (14)

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

FC2カウンター