topimage

2017-05

野辺山マラソン、新たなる挑戦 - 2017.05.21 Sun

年が明け5月が近づくにつれ憂鬱になることがある。
それは野辺山マラソン。(正式には野辺山ショートマラソン)
妻や息子に付き合って毎年5kmコースを走るのだが、普段ランニングなどしていない身にはけっこうつらい。
多少は練習して本番に備えようと思うのだが、毎年のようにあまり練習しないで本番を迎えてしまう。
タイムも年を追うごとに悪くなり、34分3秒→34分40秒→34分54秒が過去3年の記録である。

加えて今年から5kmコースが無くなり、大人が参加できる最短は10kmコースになってしまった。
ランニングを趣味にしている人たちからすると10kmなどちょろいのだろうが、私には悪魔のように長い距離である。
5kmでもあれだけヘロヘロになってしまうのに、果たして完走できるだろうか、というのが正直な思いである。
10km走ったのは高校3年生の校内マラソン大会が最後だから、もし今年走れば約40年ぶりということになる。

今年もいよいよその日がやってきてしまった。
ランニングが趣味の友人H君とその友人Iさんがコテージやまみえに泊り、いざ本番である。(Iさんは何とフルマラソンに参加,
すごい!)

今日は素晴らしい天気となったが、気温もぐんぐんと上昇し夏のような陽気だ。
避暑地野辺山もスタート時(10時20分)には23~24度にもなっていた。
H君の話ではマラソンには気温10度くらいが走りやすいというから、かなり過酷なコンディションである。
1-P_20170521_093951_vHDR_Auto.jpg

覚悟を決めてスタート。
私なりに10km対策を考えていた。
①ある程度(4~5分)走ったらある程度(1~2分)歩いて、ヘロヘロ走らずにメリハリをつける。
②気を紛らすためにIPODで音楽や漫談(綾小路きみまろ)を聞く。

まさに猛暑の中のランニングであったが、つらさは昨年ほどではなく、72分37秒でゴールした。(254人中170位)ランニングを趣味にする人たちからは笑っちゃうような記録であろうが、完走できるか心配をしていた私としては大満足の記録であった。
1-20170521_104025.jpg

私の考えた2つの作戦が功を奏したのはいうまでもない。
特に正念場での綾小路きみまろは馬鹿らしすぎて疲れを忘れた。笑
しかし、もう一つ好記録の要因があった。
4月26日のブログで、新しいことを始めるのはとても大事なことだと書いたのだが、私は4月中旬からRIZAPに通っていた。
RIZAPの詳しいことはまた後日書くけれど、現在は約3kg体重が減っていて、やはりその効果は大きかったように思う。体が軽くなった分だけつらさも軽くなったような気がする。

大袈裟ではあるが、ともかくも私の挑戦は終わった。
ちなみに毎年一緒に参加する息子(中1、陸上部)は陸上の県大会に参加し、野辺山マラソンは不参加だった。
息子の出場種目は100mと200m、短距離が羨ましい。笑


スポンサーサイト

早くも暑さ到来 - 2017.05.08 Mon

今日の甲府の最高気温は31.4度で日本一暑かった。
私の住む北杜市は避暑地のようなところだが26度まで上がった。
もう日差しは夏のようだった。

こういう日は畑仕事はつらいのだが、頑張って種を蒔いたり、マルチ(ビニールシート)を張ったりした。
花はまだ春のまま、芝桜やチューリップが満開である。
1-P_20170508_164906_vHDR_Auto.jpg

1-P_20170508_164320_vHDR_Auto.jpg


近づく足音 - 2017.05.07 Sun

家族で八ヶ岳カントリークラブでプレーしてきた。
このゴルフ場は初めてだったが、自宅から車で約1時間、長野県の南牧村にあるゴルフ場。
こんなところによくゴルフ場を作ったなぁと感じる、標高1500mのゴルフ場だ。
いつもは八ヶ岳を南から眺めているが、ここからは八ヶ岳を東から眺める感じになる。
普段とはちょっと違う八ヶ岳、ちょっと違う山並みである。
八ヶ岳カントリー2

最近は息子と同じティー(レギュラーティ)を使ってのガチンコ勝負。
今日の息子は快調な出だしで、最初の5ホールで3オーバー。
私は4打差をつけられ、ひょっとしたら今日は負けてしまうのではないかと感じるほどの安定感。
しかし、息子はその後は乱れてしまい、初めて100を切ったものの、結局は私の2打差の勝利となった。

息子は今月下旬から甲府のゴルフスクールに通うことになった。
ますます上手くなっていくだろう息子にいつまで勝っていられるのか、少々心配になってきた。
1-P1020511.jpg


たまには海 - 2017.05.04 Thu

私が6年前から住んでいる小淵沢町は別名、山の町と呼ばれるほど山々に囲まれた町である。
しかし、いつもいつも山を眺めているとありがたさも薄れてしまうから、たまーに海の見える地に旅行に出かける。
(なんていうのは単なる旅行の口実か、笑)

さて、世をあげてのゴールデンウイーク。
あまり団体行動は好きではないが、ここ何年かは海の見える地に出かけることが恒例となった。
今年は西伊豆の松崎町で、釣りが目的。
釣りに関しては初心者の域を出ないが、昨年初めて松崎町でサビキ釣りで小アジを大量に釣ったあの快感が忘れられず、今年も松崎町に出かけて行った。

初日(5月3日)はぼちぼち釣れただけだったが、今朝5時から釣り始めたところ、徐々に群れが押し寄せてきてまたしても入れ食いの快感を味わった。
1-P1020502.jpg

1-P1020504.jpg
ただし釣ったのはせいぜい体長10cmほどの小魚で、てっきり昨年と同じアジかと思っていたら、地元の人にサバの子供だと教えられた。
アジとサバの区別もつかない初心者です。笑
1-P_20170504_180500_vHDR_Auto.jpg

3人で150匹くらい釣って持ち帰ってきた。
1-P_20170504_180432_vHDR_Auto.jpg

しかし、釣りってタイミングだなぁと思う。
早朝はそんなに釣れたのに、昼頃もう一度釣ったら1時間でせいぜい数匹くらい。
時間帯、潮の満ち引き、月齢等々いろいろな要素で魚の食いつきが左右されるそうだが、絶対ということはないらしい。
それが釣りの面白さにつながるのかなと超初心者は思うのであった。

たまには海もいいもんです。

始めることさえ忘れなければ、、、 - 2017.04.26 Wed

鎌倉の実家で父と静かに生活中。
たまに散歩をするが走っているのは横須賀線。
IMG_20170426_104422.jpg

少し真面目な話。
マルティン・ブーバーというオーストリアの哲学者は、「人は始めることさえ忘れなければ、いつまでも若くある」という言葉を残した。
聖路加国際病院の日野原重明もこの言葉を引用したことがある。
あのザッカーバーグ(フェイスブック創始者)は毎年個人的な挑戦を公開している。

たしかにそうだとは思う。
新しいことを始める気持ち、挑戦する気持ちがあれば人はいきいきと生きられる。
しかし、現実はなかなかそうもいかない。
私も数年前に会社を辞めて山梨に移り住んだが、これはたしかに一つの挑戦だったとは思う。
その後も毎年計画を立てたりしているが、実行せずに終わってしまうものが増えてきた。
昨年は英語学習に力を入れるつもりだったが、全く実行しないうちに1年が終わってしまった。
妻にも最近の私はだらだらしているように見えるらしい。笑

これではいかん。
このままだらだらと本格的な老年になってしまってはつまらない。
よし、行動だ。
なんて、何度も何度も決意したことはある。笑

しかし、今回はしっかり行動に移した。
現在進行中であるが、詳細はまたにしよう。

 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

hide

Author:hide
2011年3月、家族3人で山梨県の小淵沢町に移住しました。人生いろいろです。

facebook

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
生活 (202)
子育て (141)
野菜作り (147)
やまのみえるいえ (65)
旅行 (120)
生き物 (49)
家作り (1)
地域の紹介 (31)
ゴルフ (47)
食事処(やまのみえるいえ周辺) (8)
その他 (14)

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード

QR

FC2カウンター